全国的に見る学校レベル

学校と自分の点数

転校

学校によって違う偏差値のレベル

偏差値とは、テストに参加した生徒の点数の平均から定められます。そのため、その平均値よりも自分の点数が高いと頭がいい、低いと頭が悪いように見えがちです。しかし、テストのレベルが高ければ点数は低くなりますし、簡単なテストであれば点数も上がります。また、学校のレベルによっても当然ばらつきがあります。全国模試などでは平均点数は学校によって変わるので、自分の点数が偏差値よりずっと高かったとしても、全国的にみればそこまで高くないことも有り得ます。時と場合によって指標が変わるということを知った上で、自分の点数は平均より上か下かを検討するべきです。

偏差値は変わるものです

偏差値は塾や本によって若干ちがってきます。2~3年前の本などは参考になりません。偏差値はその学年の学力によって変わってきます。優秀な子がたくさん入学していい学校へ進学すれば、上がります。模擬試験をすると、合格の確率が、A~Dまで出ます。Aは確実に受かる、Bなら、80%受かるといったところです。案外BやCでもどうしてもそのそこにいきたいのなら受ければいいです。自分の得意な問題だったりすれば受かります。それに、模擬試験の判定の後、頑張って学力が上がっていることもあります。行きたい学校を受けずに後悔するよりは、受けて後悔するほうがいいです。

↑PAGE TOP

© Copyright 全国的に見る学校レベル. All rights reserved.